ネット通販の定期購入ガイドについてのサイト

定期通販のルール

定期通販のクーリングオフの流れ

定期通販のクーリングオフの流れ クーリングオフの制度は、基本的には訪問販売や対面販売に電話勧誘など、その場ですぐに決めなければならなかった場合に適用される制度です。
そのためネット通販ですとか、パンフレットなどが送られてきて申し込む場合には、消費者は熟考する時間があったと考えられるのが通常で、定期通販なども適用外となってしまいます。
その代わりとして、返品の可否や期間等の条件、また送料負担の有無などの「返品特約」の記載は義務化されています。
この際に返品を受け付けないということを明記していたおくことも可能で、不可にするとか定期通販に多い回数指定などがあれば、それを許諾したとされます。
このため定期通販を開始する場合に、特約は必ずおさえて起きたい重要箇所となるでしょう。
もしも返品特約の記載がない場合はどうなるのでしょうか。
この場合は業者は必ず返品を受け付ける必要があります。
これを受け付けないと、特定商法取引法違反という扱いにされてしまうのです。

定期通販は支払の方法をよく確認してから活用を

定期通販は支払の方法をよく確認してから活用を 定期通販を上手に利用するためには、事前に支払方法を確認しておきましょう。
銀行振込やクレジットカード決済、代金引換、コンビニ払いなどの方法があります。
最近はクレジットカードを所有していないと、購入できない定期通販が登場しています。
クレジットカードを持つと浪費につながるという人はいますが、一括払いにすれば利息はゼロです。
計画的にカード払いを活用すれば、定期通販を利用する上で有利になるでしょう。
銀行振込は振込手数料が発生するのか確認する必要があります。
代金引換は手数料が業者持ちか、自分持ちか調べておきましょう。
コンビニ払いは基本的に手数料は業者持ちであることが多く、支払を先延ばしできるメリットがあります。
定期通販を便利に利用するためには、ここはよくチェックしておく必要があるわけです。
延滞すると信用力を低下させますので、理想はクレジットカード払いでしょう。
口座入金しておけば自動的に引き落としされるので便利です。

新着情報

◎2019/9/26

定期通販のポイント
の情報を更新しました。

◎2019/7/24

定期通販のトラブル
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「通販 クーリングオフ」
に関連するツイート
Twitter